バドミントン男子ダブルスの遠藤大由・渡辺勇大ペアは東京オリンピック出場ほぼ確実のワールドツアーファイナル準優勝ペア!

バドミントン

いよいよ2020年、オリンピックイヤーの幕開けですね。

私は20年以上前からバドミントンが大好きで、多い時には週に5日くらい練習し、月に3~4回大会にも出場したりしていましたが、バドミントンはマイナーなスポーツだったのでなかなか情報が手に入らず、書店でバドミントン関連の本があれば手当たり次第に購入し、「バドミントンマガジン」を定期購読したりしていました。

バドミントンの大会はなかなか地上波では放送してくれないので、「ディレクTV」や「スカパー!」でJ SPORTSチャンネルなどのバドミントンが視聴できる番組を契約し、録画して見てきました。

オグシオペアが出てきた頃から少しずつメジャーになってきたバドミントンですが、現在こんなにも世界ランキングが上位の選手が沢山いるのにもかかわらず、テニスや卓球に比べると、まだまだニュースでの取り上げられ方やテレビ放映はあまりにも少な過ぎて悲しいです。

2020東京オリンピックで、バドミントンは全種目でメダルが期待できると言われているので、もっと注目して欲しい!と思っているんです。

そんなわけで、バドミントンの選手たちについて、少しでもお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

男子ダブルスの遠藤渡辺ペア -渡辺編-

バドミントンの東京五輪代表選考レースに、二刀流で挑む選手がいます。日本ユニシスの渡辺勇大(ゆうた)選手です。

渡辺勇大選手は混合ダブルスでは東野有紗選手と、男子ダブルスでは遠藤大由選手とペアを組んで2種目での東京オリンピック出場を目指します。

試合での渡辺選手は人一倍忙しく、男子ダブルスを戦ったかと思えば、数時間後には混合ダブルスの試合に入ります。

サウスポーからの多彩なショットや豊富な運動量を武器に、コート内を駆けずり回るのです。

昨年末のワールドツアーの年間チャンピオンを決めるワールドツアーファイナル(中国)では、出場者の中で唯一2種目に出場し、5日間で計9試合をこなし、遠藤大由(ひろゆき)選手と組んだ男子ダブルスでは準優勝を飾りました。

2種目出場するとなると、当然その分の体力が必要になります。スピードとパワー勝負の男子ダブルスと、男女の体格差を生かした役割分担がポイントとなる混合ダブルスでは戦術も異なり、それぞれの種目への対応力も求められます。

越えるべき壁が高いため、これまで2種目にフォーカスを当てる選手は男性ではほとんどなく、世界を見渡しても、両種目で世界上位に食い込む選手はいません。

女子ではロンドンオリンピックの頃、ツァオユンレイ選手が女子ダブルスと混合ダブルスの両方で活躍していましたが、男子の方がスマッシュを打ったり女子のカバーをしたりと体力を使うため、当初は周囲から「一つに絞った方がいいのでは」といった声も聞こえたと言います。

それでも、渡辺は「誰もやらないんだったら、積極的にやりたい」と自身が決めたことを貫いた結果、18年の全英オープンでは東野と組んだ混合ダブルスで日本勢初の優勝を果たし、同大会では遠藤との男子ダブルスもベスト4入り、安定して国際大会で結果を残せるまでに成長しました。

男子ダブルスの遠藤渡辺ペア -遠藤編-

日本代表の最年長は日本ユニシスの遠藤大由選手です。

遠藤大由・早川賢一ペアは日本男子ダブルス史上最強でした。

堅守を武器に全英オープンで3度の準優勝2015年世界選手権で銅メダルを獲得し、集大成で迎えた2016年リオオリンピックでは、1次リーグで中国・インドネシアの強敵を次々に撃破して金メダルも視野に入る勢いでしたが、3戦目の試合前の練習で早川選手がぎっくり腰を発症、決勝トーナメント初戦の準々決勝で格下の英国ペアに敗れてしまいます。

リオ五輪から帰国し、早川選手から引退を告げられました。

ペアを解消する時が引退する時と決めていた遠藤選手ですが、早川選手からの「『もっとできたのに』と思うなら続けて欲しい」の一言に心が揺らいだと言います。

所属チームには2015年世界ジュニア3位の渡辺勇大選手もいました。2016年のジャパンオープン後、遠藤選手は渡辺選手から直接ペアを組んで欲しいと言われ、早川選手も2人のペアを強く望みました。

新ペアでの現役続行を決めた遠藤選手は、所属チームの指導者へ転身が決まった早川選手と、選手とコーチという関係で再び世界を目指しはじめます。

早川遠藤ペアでは前衛が早川選手、後衛が遠藤選手という形が基本でしたが、動きの速い渡辺選手の持ち味を生かせるよう、前後を固定せずに動き回るスタイルになりました。遠藤選手も積極的に前衛の習得に取り組みました。

遠藤大由選手・渡辺勇大選手のプロフィール

遠藤大由(えんどう ひろゆき)

生年月日:1986年(昭和61)12月16日

血液型:AB身長/体重:172cm / 72kg

利き腕:右

出身地:埼玉県川口市

出身校:里中学校 → 小松原高校 → 日本体育大学校

所属:日本ユニシス

趣味:読書、映画鑑賞

渡辺勇大(わたなべ ゆうた)

生年月日:1997年(平9)6月13日
血液型:B
身長/体重:167cm / 56kg
利き腕:左
出身地:東京都杉並区
出身校:富岡第一中学校 → 猪苗代中学校 → 富岡高校
所属:日本ユニシス

趣味:スノーボード

遠藤大由・渡辺勇大ペアの主な戦績

【主な戦績】

国内試合

’19 全日本総合選手権大会 ダブルス 優勝

’18 全日本総合選手権大会 ダブルス 準優勝

’17 全日本総合選手権大会 ダブルス 優勝

’16 全日本総合選手権大会 ダブルス 準優勝

’16 全日本社会人大会 ダブルス 優勝

 

国際試合

’19 ワールドツアーファイナルズ ダブルス 準優勝

’19 アジアバドミントン選手権 ダブルス 優勝

’19 ドイツオープン ダブルス 優勝

’18 ワールドツアーファイナルズ ダブルス 準優勝

’18 韓国オープン ダブルス 優勝

’18 タイオープン ダブルス 準優勝

’18 マレーシアオープン ダブルス 準優勝

’18 全英オープン ダブルス 第3位

2020東京オリンピック

過酷な五輪レースですが、2020年4月28日の世界ランキングで上位16組の出場が決まります。(1カ国からは最大2組)

最新の世界ランキングはこちら

2019年4月29日から2020年4月26日の1年間の世界ランキングポイントから算出されたランキングによって出場資格が決定する。ただし1カ国・地域から出場できる人数は各種目2名/2組に限られており、さらに2名/2組のうち世界ランキングが下位の選手は、シングルスは16位以内、ダブルスは8位以内でなければ出場権は得られない。この他にも「開催国枠」、「大陸代表枠」といった特別枠があり、基準に当てはまらない選手が出場権を得る場合もある。

ランキングは過去1年間のポイントが高い10大会の平均で決まり、遠藤・渡辺組は現在6位で、日本勢で8位以内のペアは現在2ペアのため、8位以内をキープできれば、五輪切符は確実です。

東京オリンピックのチケットは8月1日だけが当選したので、男子ダブルスの決勝戦(3位決定戦)を見ることができます。

8月1日に遠藤渡辺ペア金メダルを取る姿を見たいです。

まとめ

男子シングルス世界1位の桃田賢斗、世界上位で競り合う女子ダブルス(フクヒロ、タカマツ、ナガマツ)、女子シングルス(奥原、山口)、とバドミントン人気が急上昇している中で、男子ダブルスはなかなか注目されませんが、世界6位の遠藤渡辺ペアにも注目してみてください。

渡辺勇大選手は、男子ダブルス、混合ダブルスと2種目で東京五輪に出場する可能性も大きいので、どちらもメダルを期待したいです。

タイトルとURLをコピーしました