4月6日めざましテレビ 正しい布マスクの洗い方は?厚生労働省がYouTubeで公開!花王Twitterも?

めざましテレビ

政府が配布を決めた「布マスク」

厚生労働省と経済産業省がYoutubeで、正しい布マスクの洗い方を公開しています。

4月6日「めざましテレビ」で触れていましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

布マスクを洗うときの注意

一番大事なのは、布の繊維を傷めないことです。

そのため、洗濯機ではなく、手洗いが推奨されています。

もみ洗いは、絶対に「ダメ」だということです。

洗剤を溶かした水に布マスクを浸して、10分後に軽く押し洗いするのが正しい洗い方です。

また、乾かすときも、乾燥機は使用せず、水気を切って、日陰で自然乾燥させるといいそうです。

縮んでも品質には問題はないということです。

厚生労働省・経済産業省のYoutube

厚生労働省・経済産業省がYouTubeで紹介する、ガーゼなどでできた「布マスクの洗い方」です。

用意するのは、衣料用洗剤、塩素系漂白剤、清潔なタオル、大きめの桶、台所用手袋、洗濯バサミです。

①桶に衣料用洗剤を入れます。

商品に書かれている使用量を確認してください。

一般的衣料用洗剤だと、水2Lに対して0.7gくらいが目安になります。

小さいスプーンだと1/2くらいの量になります。

②洗剤を入れたら、スプーンで水に溶かしていきます。
③洗剤の中にマスクを入れて10分待ちます。
④10分後、軽く押し洗いをしましょう。

もみ洗いはしないこと。

繊維をいためる可能性があるので、かるく押し洗いをしましょう。

⑤洗い終わったら、桶に入っている洗剤を流します。

洗剤が飛び散らないようにゆっくり捨てる。

⑥桶に水道水をためて、マスクの洗剤をすすぎます。
⑦十分すすげたら、水気を切ります。

汚れが気になる方は、塩素系漂白剤を使いましょう。その際は台所用手袋をはめてください。

塩素系漂白剤を桶に入れます。
②水1Lあたりに15ml程度を溶かし、その中にマスクを10分ひたします。
③10分経ったら、桶の漂白剤を流します。
④次に、桶に水道水をためて、マスクの漂白剤をたっぷりの水道水ですすぐ。
⑤漂白剤がしっかり落ちるように、もう一回水道水をためてすすぎましょう。

【乾かし方】

桶から出したら、タオルに挟んでたたいて水気を取ります。
水気がなくなったら乾燥させます。

乾燥機は使わず、陰干しで自然に乾燥させましょう。

形を整えて、洗濯バサミで乾かします。

 

※マスクは洗濯によって縮むことがありますが、品質には影響ありません。

※1日1回洗濯することをお勧めします。

※ただし、汚れたらその都度洗いましょう。

花王のTwitter

4月6日のめざましテレビでは紹介されていませんが、花王の洗濯用洗剤「アタック」の公式Twitterアカウントも3月に、屋外で使用した「布マスク」の洗い方を解説するツイートを投稿しています。

マスク(布)の洗い方

1.標準濃度の洗剤で10分間浸漬
2.塩素系漂白剤のキャップ7分目(15mL)を水1Lに溶かした液にマスクを10分浸漬
3.水道水を用い十分にすすぐ
4.清潔なタオルに挟んで水分を吸い取る
5.形を整えて干す
政府から同住所ごとに2枚配布される布マスク、その前にすでに自分で作った方も多いのではないでしょうか?
正しい洗い方を覚えてマスクを大切に使いたいですね。
タイトルとURLをコピーしました